Saturday, February 28, 2009

Karena Karras





Karena Karras (カリーナ・カラス)
シカゴ (Chicago) のハンボルト・パーク () 周辺のディビジョン・ストリート (Division Street) やカリフォルニア・アベニュー (California Ave) 周辺で育った画家。
4歳で絵やドローイングを描き始めたそうで、幼い頃の記憶として残っているのは、古いシカゴオールウェイズ、家屋、赤いレンガとセメントとそれに対する様に青々とした近くの公園の緑樹や池だという。

神話、心理学、哲学、形而上学、錬金術、そして夢の国に関する書籍を読むのに多くの時間を費やしているそうで、それは、自分の描く絵を通して精神の奥にひそんでいる超自然的な部分を明らかにしようとする作業に必要なことだからだろう。作品におけるイメージの多くは、完成したイメージとして自分の心に現れるか、シュルレアリストのマックス・エルンストが活用していた 「デカルコマニー」 という古い技法によって生み出されたものである。また、メタモルフォージスが作品において大きな役割を果たしているとのこと。そのことについては、作品をご覧頂ければお分かりになるだろう。

ポストしたのは "Swan Song"、"Ostrich Dream"、"Deluge Elemental Water"、"Eclipse" の4点。
作中に鳥が溢れているのが特徴的。
女性シュルレアリスト、女性幻想画家として一緒に語られることの多いレオノール・フィニ (Leonor Fini)、レメディオス・バロ (Remedios Varo)、レオノーラ・キャリントン (Leonora Carringtonレオノーラ・カリントン)の3人からの影響が感じられる作風といったところだろうか。

Paintings by Karena A. Karras
Karena A Karras - beinArt Surreal Art Collective
Karena Karras :: Saatchi Online - Show your art to the world

1 comment:

Unknown said...

I love Karena's paintings !